持続可能で良質かつ適切な精神医療とモニタリング体制の確保に関する研究

お問合わせ 会員ページ
TOP > 各分担研究の紹介

各分担研究の紹介

1|精神医療の提供のモニタリングに関する研究

分担研究者:立森久照(国立精神・神経医療研究センタートランスレーショナル・メディカルセンター情報管理・解析部)
研究内容:630調査等の精神医療の利用データによる精神医療のモニタリングを行うとともに、それらの強みと限界を踏まえた、現状で最適の精神医療の提供のモニタリング方法をまとめ、その分析結果をReMHRAD(地域精神保健医療福祉資源分析データベース)に提供します。


2|地域における医療機関間の連携に関する研究

分担研究者:北村立(石川県立高松病院)
研究内容:かかりつけ医と精神科医に半構成的インタビューを行い、質的記述的に分析することで、かかりつけ医が精神科医療に期待していることや連携を困難にしている点などを明らかにします。また総合病院の管理者に対しアンケート調査を行い、総合病院での精神科医の必要性、期待する役割、支障がある点などを明らかにします。


3|精神科領域における実効的な行動制限最小化の普及に関する研究

分担研究者:杉山直也(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所・地域・司法精神医療研究部)
研究内容:行動制限量のモニタリング体制を検討し、影響する要因について現況を調査したうえ、先行的な取り組みを参考に、都道府県単位の行政主導による最小化法の普及モデルを確立するとともに、エキスパートオピニオンによりさらなる最小化手段を探ります。


4|精神科入院患者の重症度に応じた医療体制の確保に関する研究

分担研究者:福田正人(群馬大学・大学院医学系研究科神経精神医学)
研究内容:精神科入院患者の重症度等の指標案、その客観性・妥当性・計測容易性・検証可能性についてのタイムスタディ、その結果にもとづく提言の可能性、について、検討を行います。


5|精神医療の提供と地域支援の連携に関する研究

分担研究者:髙瀨顕功(大正大学社会共生学部)
研究内容:NDB(レセプト情報・特定健診等情報データベース)の分析を行い、各都道府県における医療計画と障害福祉計画の作成及び毎年度計画に必須である数値目標、指標等を抽出します。また地域の生活者支援の取組と精神保健医療の連携モデルを明らかにします。


6|精神保健医療福祉の可視化に関する研究

分担研究者:吉田光爾(東洋大学ライフデザイン学部)
研究内容:先行研究で開発されたReMHRAD(地域精神保健医療福祉資源分析データベース)について、本研究の他の分担研究の成果等を活用して、研究、行政、市民それぞれのニーズに対応できるよう構造化を進めます。また多方面からリンクできるようReMHRADへのアクセスを高めます。


7|良質かつ適切な精神医療の提供の指標に関する研究

分担研究者:竹島正(大正大学地域構想研究所)
研究内容:全国精神保健福祉センター長会データ分析・地域分析検討委員会等と連携して、都道府県等において医療計画策定のために活用しやすい資料を開発します。また医療計画における精神病床における基準病床の算定式のほか、良質かつ適切な精神医療の提供の指標を提案します。