持続可能で良質かつ適切な精神医療とモニタリング体制の確保に関する研究

お問合わせ 会員ページ

TOPICS

精神科と精神科以外の診療科の連携について
-日本病院会会員病院とかかりつけ医への調査をもとに-

一般病院における精神科医の役割や必要性と、かかりつけ医と精神科医療の連携について明らかにするため2つの調査を行っています。
日本病院会会員病院2,469施設の管理者に対しアンケート調査を行いました。529病院から回答が得られ、単科精神科病院を除いた510病院(20.7%)のデータを解析しました。60%の病院で精神科医が勤務しており、このうち増員を希望する病院が44%ありました。精神科医が勤務していない病院では、48%が精神科医の勤務を希望していました。これらの結果から一般病院における精神科医のニーズは高いと考えました。その一方、精神病床を有する病院の28%が精神病床の削減を考えていました。精神病床は一般病床に比べ、採算面と病床利用率の面で劣ると考えられていることが大きな課題でした。
精神科医が勤務する病院を「精神病床あり」群(95施設)と「精神病床なし」群(207施設)に分けて比較しました。常勤精神科医数は「精神病床あり」群では5人以上が57%、「精神病床なし」群では平均0.8人(常勤と非常勤を合わると平均1.8人)、44%の施設が1人でした。「精神病床あり」群では精神科医の増員希望は35%、現状維持は50%でしたが、「精神病床なし」群はどちらも50%でした。精神科リエゾンチーム加算の算定率は「精神病床あり」群は55%でしたが、「精神病床なし」群は11%でした。
精神科医に期待する役割は、両群とも同じ傾向で、「入院中のせん妄や認知症への対応」が65%と群を抜いて多く、「睡眠障害への対応」や「アルコール使用障害への対応」についての期待は少数でした。睡眠障害に対する適切な睡眠薬の使用や睡眠衛生指導、アルコール使用障害に対する節酒指導は、わが国の重要な健康課題です。これらを精神科医が担当することは、その病院の医療の質の向上につながると思われ、精神科医が複数いれば、それは実現可能と考えました。
かかりつけ医と精神科医の連携については、全国各地の開業医12人に1時間の半構造化面接を行い、現在分析中です。連携を困難にしている理由について、「精神科は敷居が高い」「患者が拒む」「予約を待つ間のサポートがない」「精神科医と価値観が異なる」「精神科医とつながる機会が少ない」「精神科の資源・サービスをよく知らない」などがあげられており、興味深い結果が得られるものと考えています。

分担研究者 北村 立(石川県立高松病院)

NEWS

2021.09.15

NDB(レセプト情報・特定健診 等情報データベース)を基にしたモニタリング指標と解説を掲載しました
【報告】NDBを基としたモニタリング指標作成の報告|大正大学地域構想研究所(chikouken.org)

2021.08.06

TOPICSに「精神科と精神科以外の診療科の連携について-日本病院会会員病院とかかりつけ医への調査をもとに-」を掲載しました

2021.08.06

令和2年度630調査を掲載しました

2021.03.30

ウエブサイトを公開しました